私はみそしるが大すき!みそについてしらべるぞ!!

みそはなにからできているの?どうやってつくるの?

わたしの予想は、豆からできていると思う。豆をにて、しょうゆを入れてできあがりかな?しょうゆもつかっているみたい。

図書館に行ってみた!

みその本がたくさんあった。うれしい!みそはやっぱり身近なんだ!つくり方を調べてみたら「??」がいっぱい。

ざいりょうの「米こうじ」ってなに?

米こうじは、お米に「たねこうじ」という「こうじきん」をつけてつくったもの。「たねこうじ」は、よいはたらきをするカビ?!

みそを作るのにカビを入れたらみそがくさっちゃうよ~
よし、カビについて調べてみよう!

カビの本を読んだら、本のうしろに、国立科学はく物館でじっししているプログラムの紹介がのっていた!

東京国立科学はく物館に行ってみた!

私の読んだカビの本をかんしゅうした細矢先生に会えた!質問してみよう!

先生、食べられるカビっているんですか?

先生
「いますよ。代表てきなのがキコウジカビです」

キコウジカビって何だろう?

か西図書館で調べてわかった!

キコウジカビ(学名:アスペルギルス・オリゼ-)は、みそ・しょうゆ・日本しゅなど、いろんな食品に使われる。2006年に国菌となった。
※国菌とは、日本の代表てきな菌で、しょうちょうとなる菌のこと。

国菌があるなんてはじめてしった。ビックリ!みそをつくるカビは大切なんだ!

みそづくりにちょうせん!

コウジカビをどうやって使うんだろう?米こうじを使うということは、カビの生えた米を使うということ?!

みそづくりの本のさいごのページに、「協力…株式会社ヤマイチ味そ」とホームページが書いてあった。

なんと!「みそづくり教室」をやっていることがわかった。さっそくお父さん、お母さん、妹といっしょに4人で行ってみよう!

はじめてのみそづくり!ワクワク~ドキドキ~

大豆をにて、つぶします。

これが米こうじなんだ~!初めて見た!できたてのこうじは、くりのかおり。くさくない!きらわれ者のカビとはちがうと思う。

こうじと塩をまぜる。つぶした大豆と水をくわえ、まぜ合わせたら、容器につめてほかんする。

みそづくりをやってわかった!

こうじはカビだから有がいだし、どくだからあぶないかなと思っていたけど、本物を見たらなっとく!甘いかおりがした!

みそづくり教室が終わって一番おどろいたのは…
家に持って帰ったらすぐに食べられる!と思っていたのに、みそはまだ食べられない!!!

しこんでから、ねかせておくんだ!しらなかった!ねかせている間、本当にみそがおいしくなるの?

みそづくりの後に、工場見学をさせてもらったよ

社長「みそをしこんでタルの中で一年ねかせます。タルの中でび生物がはたらいて、味そをおいしくしてくれるんだよ」

カビだけじゃなくて、タルの中に何かいるんですか?!
び生物がみそをおいしくする!?

社長「今日作ったみそも、び生物がはたらいて、家で発こう・じゅくせいしたら出き上がり」

しこんで1か月後のみそをかんさつ!

においは…
アルコールのにおいが強い~!

味は…
しょっぱい!まだみその味じゃない。び生物さんたち、ガンバレ!!

みその中になにがいる?び生物?

び生物って何だろう?わたしの知らない生き物が生きているのだろうか?

図書館で、び生物の本をししょさんといっしょにさがして読んでみたけど…

う~ん、よくわからないな~。アスペルギルス・オリゼーしかわからなかったな~。
何しゅるいもの生物がせっせとはたらいていると書いてあるけど…。

東京国立科学はく物館に行った!

プログラムに参加して、谷ふじ先生に「こうじ菌やこう母、にゅうさん菌もいると思います。」と教えてもらった。

やっぱりそうか!
菌は、いっぱいはたらいていたんだ~~~。

び生物のはたらきってなんだろう?

調べてわかった!

び生物が人間に役立つ食べ物をうみだすことを「発こう」という。ぎゃくに、ものをくさらせることを「ふはい」という。

「発こう食品」は、び生物の力でできるんだね。

調べてわかった!

みそとく有の色やどくとくのかおりがついてくることを「じゅくせい」という。
こうじ菌やこう母菌、にゅうさん菌というび生物が力をあわせて大豆をみそにかえます。菌が1しゅるいでもかけると、おいしいみそになりません。

みそってすごいひみつがあったんだ!
大豆がみそになるなぞがとけたよ!

おばあちゃんのみそしるをちょうさ!

おばあちゃんのみそしる、おいしい~!大すき!でも、うちのみそしるとちがう!味がこい!

おばあちゃんのみそを見せてもらったら…
ん!?なんだ!「豆みそ」??

おばあちゃん「このへんは八丁みそが有名だよ!工場があるから、いってみるといいよ」

八丁みそってなんだろう?工場見学へゴー!2か所行ってみたよ。

工場見学でわかった!

米こうじを使わず、大豆としおだけでできている
→豆こうじを使っている!

米こうじじゃなくても、みそはできるんだ!オドロキ!ほかにはどんなみそがあるんだろう?

調べてわかった!

みそは、こうじのしゅるい、味(からさ)、色で分るいされる。全国各地にいろんなみそがある。

聞いてみました!!みそについてのアンケート

うちは米みそや豆みそを使っているけど、ほかの人は?人気のあるみそは何だろう?
43人にアンケート。

「みそは好きですか?」
→きらいと答えた人は0人。

みそがきらいな人がいない!子どももみそずきなんだ~うれしい!

「おみそしるのみそのしゅるいはなにですか?」
→43人中38人が米みそ!豆みそは少ないな~。

そうだ!出身地ごとに分けてみよう。すると…
うわー、かん東の人が多い!出身地とみそはかんけいあるのかな?

全国のみそを調べてみたよ!

全国で80%が米みそなんだ!アンケートで一番少なかった豆みそは、中京地方だけなんだ!全国には千数百しゅるいものみそがある!!

でもどうして、同じ日本なのに、こんなにたくさんのしゅるいのみそがあるんだろう?

八丁みそをもう一度考えてみよう。

調べてわかった!

八ちょう町には、よい大豆、よい水、よいしお、すべてそろっていた。しつ度が高い気こうのため、くさりにくい大豆のみを使ったみそが作られるようになった。

八ちょう町で入手できる原りょうと、八ちょう町の気こうが八丁みそをつくりだしたんだ!

発こう・じゅくせいに活やくするび生物は、気温やしつ度、かんきょう、原料などのじょうけんによって はらたきもちがうから、それぞれの土地にあったみそができるんだ!

八丁みそのみそしるをのんで、お父さんが「なつかしい味だな~」と言っていました。食べることは生きることでもあるし、食べた味は記おくにのこるんだなと思いました。ふる里の味を味わいたいという気持ちが愛につながって、自分の子にふる里の味をつたえるというつながりが、みそにあると思う。日本全国にあるみそは、1つ1つ愛とでんとうがこもっているふる里の味で、これが日本の味なんだと思いました。この日本の味がこれからも うけつがれていくといいな。

もっとみそがすきになったよ!!みそのすばらしさをみんなにつたえたいです!まだまだみそについて調べたいことがたくさんあるので、これからも調べていこうと思います。