うちの家では秋になると でっかいカマキリがかべをのぼってきます。「たまごを産もうと思ってるのでは?」と思っていたので、2階のかべにたまごを見つけたときはうれしかったです。

ぼくは生まれつき「カマ」のある生き物が好きで、カマキリにも「カマ」があるので、「夏休みはこれを調べるしかない!」と思い、調べることにしました。

つかまえたカマキリの種類

今年初めてつかまえたカマキリは、茶色で5cmぐらい。2匹めは少し小さめ。種類は?

予想:オオカマキリかチョウセンカマキリだと思います。

しらべてわかった!

本で調べたらオオカマキリでした。なぜなら…

見分け方は4つ!

  1. 大きさ
  2. カマのつけ根の色
  3. 後ばねの色
  4. 卵しょう

違いはたまごだけだと思っていたのに4つもあってびっくりしました。しかも観察してみると3つすべてあっていました。

とったカマキリは生まれてどのくらい?

予想:5ヵ月位。じゅ命は1年くらいだと思うので、半年くらいだと思います。

体長を測ったら4㎝だった。

しらべてわかった!

カマキリの幼虫は、脱皮ごとにひとまわりずつ大きくなります。そのため、各令数の幼虫の体長はほぼ一定。

つかまえたカマキリは5令!
生まれてから1ヵ月半しかたっていない。

7回も脱皮するなんて脱皮の回数が多い昆虫だと思いました。

カマキリのじゅ命は1年ではなく5ヵ月くらい。
短いなと思いました。

2階のかべでみつけた卵は、何カマキリの卵?

予想:もちろん!オオカマキリの卵だと思います。なぜなら毎年2階にやってくるカマキリは大型で、今年最初に見つけたカマキリもオオカマキリだったからです。

たまごをかべからはずして観察することにしました。大きさを測ります。

しらべてわかった!

本では1.5cmと書いてありましたが、みつけた卵は2.5cm。でも形からいって「ハラビロカマキリ」以外に考えられません。本より大きい理由は個体差だと思います。

卵のうのひみつも調べました。

しらべてわかった!

かたまった泡には空気がつまっています。冬の冷たい空気をさえぎるため、中の卵はこおりません。
泡の弾力のおかげで草木にぶつかっても中の卵は傷つきません。

卵のうの仕組みは何かに利用できると思いました。火事にあっても中のものは大丈夫な仕組みが作れるかもしれません。

オオカマキリの体はどうなってるの?

いろんな部位を調べました。

カマキリの目はどの位いいのか?

予想:人間よりいいと思います。顔に対し目が大きく、目が外にふくらんでいるからです。

バッタをだんだん近づけていき、どこでカマキリが気付きねらい始めるか観察しました。

ぼくの実験では、カマキリは50㎝下位からねらっていたと思います。

しらべてわかった!

カマキリは目がいい!エサをとる時は20㎝ぐらいから近づき、かまのとどくところに来た時、正かくにかまをくり出し、仕とめる。その速度は1/20秒ていどといわれている。

しらべてわかった!

カマキリは、え物のいる方向を正かくにはあくするしくみをそなえていた。獲ものにねらいを定める時、頭部が感覚毛という突起に触れることで獲物の方向が分かるのだ。

カマキリの感覚毛、すごい!今度けんびきょうでみてみよう!

耳はどの位いいのか実験!

予想:カマキリの耳はいいと思う。ちょっとした昆虫の羽音でも聞き逃すと、とり逃がすことになるので、聞きとれる耳を持っていると予想します。

観察:カマキリはカラスの鳴き声に反応すると言われています。3m以上はなれた所からじょじょに近づいて反応をみます。

大体2mの所から体を固めて動かなくなったので、植物のフリをしてやりすごそうとしているのでは?と思いました。

しらべてわかった!

電子けんびきょうでさつえいしたオオカマキリの耳。中あしとうしろ足のつけねに音を伝えるこまく(矢印)があります。円内はこまくの表面をさらに45倍かくだいしたもの。

しらべてわかった!

成虫になると、小鳥やカラスによう心するようになる。夜はコウモリが天てき。コウモリの発する周波を感知する能力があり、耳で聞いたらすぐに隠れることができる。

ぼくには聞こえないコウモリの周波数をカマキリが聞こえているなんてうらやましい。どんな感じがするのだろうと思いました。

カマキリの食べる物はなに???

予想:主に飛ぶ昆虫が食べ物になっていると思います。カマキリの住む所には花がよくさいているので、花のみつを食べに来る昆虫や葉を食べるバッタが主食になっている。

観察:あたりまえに食べる物(バッタ、チョウ、ガなど)とぼくが考えた食べ物(プリン、ヨーグルト、エビマヨなど)で実験してみました。

しらべてわかった!

成虫になったオオカマキリは、メスは体内の卵を育てるため、オスは交尾活動のためにえさをとります。成虫の体長は9㎝近くありますが、体の大きさに合わせてえものをえらぶ必ようはありません。ヘビやカエルなど、動くものならなんでも食べます。

じつはマヨラーだったことにびっくりしました。

食べ物の大きさと食べる時間、フンのりょうの実験!

予想①
自分より小さな生き物を好んで食べ、ない時は大きなえものをつかまえるのでは?なぜなら小さい方がつかまえやすく、大きいと逃すことがあるからです。

予想②
ものすごく速く食べると思います。

予想③
フンの量は、小さな生物を食べた時は少なく、大きな生物を食べた時は多くなると思います。なぜなら人間も同じだからです。

観察:さまざまな大きさや種類のエサをやり、食べるのにかかった時間、フンの量、フンやおしっこをした時間を10日間、毎日観察してみようと思います。

観察してわかった

結果をグラフにしてみると、エサの大きさとフンの量はあまり関係ないみたいです。
エサの大きさと食べる時間は、大きければ時間がかかりました。

フンの出し方の観察と、カマキリの種類によってフンのちがいがあったので調べました。

フンの形は、オオカマキリは大きくて半分くらい白がまじる。やわからい。
チョウセンカマキリは小さくて黒っぽい。ハラビロカマキリは、中間くらいの大きさ。うす茶色で固い。

食べる量とフン量は大きくなるほど多くなると思っていたけれど、あまり関係なかったことがふしぎです。

天敵を知ろう!

予想:クモ、トリ、トカゲ、カエル、人間だと思います。なぜなら、クモの巣にひっかかったカマキリや、図鑑で見た記おくがあるからです。

しらべてわかった

さらに、ハリガネ虫は最強の大天敵!エサかと思ったら栄養を全部取られてしまう!
ハリガネ虫を食べたカゲロウがカマキリに食べられると、ハリガネ虫はカマキリに寄生してからだの中で大きくなる。

カマキリは最強で天敵はだいたいいないだろうと思っていました。しかし天敵だらけだったことが分かりちょっとびっくりしました。それにえものにしている物にも食べられていることにもびっくりしました。

日本にはどんなカマキリがいるのか?

予想:大きいカマキリ3種と小さなカマキリ1種ぐらいだと思います。

しらべてわかった

日本にいるカマキリは7種。

日本には大きいカマキリ5種と小さいカマキリが2種もいるなんてビックリしました。ぼくが一番見つけたいのはウスバカマキリです。ファーブル昆虫記にのっていたからです。

生たいけいの中のカマキリの役わり

ぼくが考える役わりは3つ。

  1. 害虫などを食べる役割
  2. えき虫(人に役にたつ昆虫)も食べてしまう
  3. えさになる(カマキリをえさにしている生物の役にたつ。)
しらべてわかった

草地にはチョウなどの草食昆虫が集まり、それらをエサとするカマキリなどの肉食昆虫も集まります。その両方を食べるカエルも生活しています。
こうして生き物は「食べる-食べられる」の関係でつながっている。

ぼくはカマキリを人間の目でしかとらえていなかったけれど、虫に良いも悪いもなくて、すべての虫が生たいけいの中で大切な役割があることを知り、感動しました。

脱皮を観察しよう!

8月中じゅんには脱皮を始めると予想します。秋には卵を産むので、そのころには成虫にならないといけないからです。

観察

8月17日(まん月) オオカマキリ緑大、ふ化始める
8月18日 緑大は下に落ちたまま、ふ化をしっぱいしていました。

悲しかったのですが、これを生かして今後このような失敗をしないようにします。ハラビロカマキリなどに、命のバトンタッチで食べてもらいました。

オオカマキリ茶大、最終脱皮を開始!

場所がひくすぎたので しょっ角がゆかにつきそうで、また失敗かと不安になりました。でも人の手を入れたらダメだとガマンしました。

目をはなしたすきに床に落ちてしまっている。足もカマもしっかりかたまっていなくてやわらかそう。がんばれ!

フタの所にひっしに登り始めた。なんとか羽をまっすぐのばせる場所をさがしているのかもしれない。

脱皮は必ずうまくいくものではなくて命をかけていると知りました。

気付くとまた落ちていて、自然界ならもう天敵に食べられてしまっていると思われるので、しょうがないのでびんにつかまらせた。

羽が曲がっているようにみえるけど、これから真っすぐのびるのか?成功してもらいたい。

1日たって本かく的は羽になってきた。足がこっせつしているのと羽がかつお節みたいなのがざんねんだけど、他のところはちゃんとした成虫だと思います。

なんでこうなったのか原因を考えます。

  1. エサにマヨネーズをあげた
  2. エサが多すぎたり少なすぎた
  3. 飼育ケースがせますぎた
  4. その他の原因

調べると、成虫になるには最後の一打(羽がのびきること)が大切とよく分かりました。

「カマキリ」はどうして「カマキリ」というのか?

名前の由来は、かま(農具)きり(切り、切れるくらいいたい)ではないかと思います。

しらべてわかった

名前の由来は「鎌で切る」から「鎌切り」となった説と「鎌を持つキリギリス」の説がある。

ぼくが新種カマキリを見つけた時は「ハタナカミノリカマキリ」という名にしようと思います。

カマキリの研究で心に残ったのは、生たいけい、エサ、天敵についてです。ピラミッドの頂点に立っているとばかり思っていたのに、“食う食われる”のきびしい昆虫界で生きのびるのは大変だと思います。あと「脱皮」の失敗です。原因は何を食べるのかの実験をしたことかもしれません。マヨネーズをものすごいいきおいで食べて腹をこわしたのかもしれません。

カマキリといえども一匹一匹、性かくがあることもわかりました。気の強い子、のんびりな子、ほんとうに色々な子がいておどろきました。産卵、ふ化の観察を続けます。カマキリありがとう。サンキューベリーマッチ!