「農民の父」山脇延吉の人物像と業績

神戸鉄道「神鉄道場駅」近くに立つ大きな石碑。全国からの寄付金で建立された「山脇延吉翁の頌徳碑」だ。小公園とも見まがう広い敷地に立つこの「頌徳碑」の碑文と、有馬口駅前に残る「水難碑」を柱に、山脇の人柄と業績を紹介する。

頌徳碑 碑文(原文)

故正六位勲五等功四級山脇延吉君ハ明治八年二月有馬郡道場村ニ生レ、東大ニ学ビ、日露戦役ニ従軍殊勲ヲ奏シ歩兵大尉ニ任ジ、大正八年陸軍大演習ノ砌、御前講演ヲ拝命ス。人格高潔徳望世ニ高ク、縣会議長、縣農会長、縣販売購買組合連合会長、神有電鉄社長ソノ他要職ニ就キ、後、帝国農会副会長ニ選任サル。昭和六年農業恐慌ニ際シ自力更生ヲ提唱。畏クモ上聞ニ達スルノ光滎ヲ擔フ。終始農政運動ニ心血ヲ注ギ、全国ヲ講演行脚シ、竟ニ根本的税制改革ヲ初メ幾多重要政策ノ実現ヲ見タルハ君ノ努力ニ負フ所洵ニ多大ナリ。昭和十四年藍綬褒章ヲ授ケラレ、軍事産業縣政等ノ功労者トシテ屡顕彰セラル。紀元二千六百年式典ニ當タリ特ニ位二級ヲ進メラレ、昭和十六年四月病革ルヤ勲等ヲ陞叙サル。寔ニ餘滎アリト謂フベシ。爰ニ有志相謀リ碑ヲ建テ永ク其ノ偉績ヲ傳フ。
昭和十八年四月
陸軍大将正三位勲一等功一級男爵 本庄繁題字
帝国農会長従三位勲三等伯爵 酒井忠正撰

まとめ
  1. 山脇の父は農業・米穀商・酒造業・銀行業を営み、村長・農会長も務めた村の有力者
  2. 山脇は東京帝国大学で土木工学を学んだが、明治32年に父の急逝により帰郷して家業を継いだ。
  3. 明治40年、33歳で県会議員に初当選。死ぬまで兵庫県政に尽くした。
  1. 県政での活躍と並行して農民の地位向上に務めた。とりわけ昭和恐慌で疲弊しきった農村に心を痛め、農民の税負担軽減に奮闘。同時に、農業者の意識改革を目指して「自力更生」を訴え、農民の生活向上を支援した。
  2. 昭和14年、当時の農業人の全国組織・帝国農会副会長に就任。翌年の税制改革で、農家の税負担の軽減が実現された。
  1. 土木、治水工事にも腕を振るい、港湾の修築、天災被害の復旧、農事試験場の拡張、工業試験場の新設、産業奨励施設を拡充、学校や病院の創設なども推進した。
  2. 有馬郡を貫流し、毎年のように氾濫していた武庫川の改修工事を完成。今も流域はその恩恵を受けている。

人格高潔徳望世ニ高ク
神鉄有馬口駅前に立つ「水難碑」は、昭和13年7月に発生した阪神大風水害の犠牲者を供養するため、昭和15年に山脇揮毫によって建立された。この碑の裏側には水難の記録とは別に「水難懐古」として山脇の大風水害救援が農民を力づけたことが記され、広く慕われていたことを示している。

(水難懐古より抜粋)
農民の慈父山脇先生の温容に接し、救神の来光として村民は如何に安堵せしか。爾来、○身的ご尽力は復興村再生の緒拓け…当時の鴻恩を感謝し千歳に刻む

「太っ腹で、頭が冴え、しかも温情があった」
(「兵庫百人の偉人」)

「天資英敏、頭脳明晰」「ひとたび軍に入れば軍務に忠であり、公職につけばまたその職に忠なる人であった」
「小は有馬郡のため、大は国家事業のため、殆ど身を犠牲にして奮闘した」(「人物誌」)

「目的完遂のためには、鬼神も哭く辣腕にして豪気な翁であったが、忙中の小閑を得て、書道や水彩画に親しむ風雅ももち、特に書と達磨の絵を能くした」(山脇延吉翁50回忌「しのぶぐさ」)

このほか、山脇の「人格高潔徳望世ニ高ク」を示すエピソードは数多く、冒頭の「頌徳碑」建設のために巨額の寄金が全国から集まったことにもあらわれている。

山脇延吉と鉄道事業

険しい六甲山系に阻まれて近代化から取り残されていた有馬郡一帯。山脇は地域振興のため鉄道事業に着手する。その業績を資料から紹介する。(「改訂版北区の歴史」「三田市史」「道場町誌」「神戸新聞」などより)

有馬軽便鉄道の敷設 まとめ

明治43年 政府は民間の鉄道投資を活性化させるため、「軽便鉄道法」公布
これを追い風に、大正3年、山脇は「有馬鉄道株式会社」を設立し、現JR福知山線三田駅から有馬温泉までの12.2㎞をおよそ40分で結ぶ有馬軽便鉄道を開通。開通と同時に政府借り上げとなり、大正8年には国有化されたが、昭和18年、軍需輸送に不要として実質的廃線となった。

神戸電鉄の設立から開業まで まとめ
  1. 大正13年、山脇を中心に「神戸有馬電気鉄道株式会社」を設立。
  2. 相次ぐ恐慌など厳しい経済情勢のなか、険しい地形と土木工事に不適な地質の六甲山系に挑み、数々の困難を超えて、昭和3年11月、湊川—有馬温泉線開通。
  3. 「湊川駅」(海抜10m)から終点「有馬温泉駅」(海抜357m)の22.5㎞で347mを登るため、トンネル8カ所(延長1,627㎞)、橋梁34カ所(延長339,7m)、溝橋41カ所(延長78.5㎞)を設けた。
  4. 山脇は私財のほとんどをなげうったが、無理な資金繰りで経営は安定せず、会長に退く。

かつて阪神鉄道の小林一三は、宝塚—有馬温泉への鉄道延伸を計画したが、断念している。

援ける神あり1

建設工事を担当した日本工業合資会社(後の関西電力の子会社)の小林長兵衛社長は、山脇の私財すべてを擲ってでも鉄道敷設を貫徹しようとする一途な努力に深く感じ入り、工事費を株式で受け取ることを了承するなど、異例の対応で神鉄の資金繰りを援けた。

援ける神あり2

難渋を極めた工事は資本金500万円をはるかに超える850万円あまりを要した。さらに事故が続発し、労使紛争が連日新聞を賑わせた。そんな状況でも、山脇を信頼した起業家たちは150万円の増資に応じ、1年7ヶ月で完工した。

援ける神あり3

急勾配急カーブが続く神鉄路線には山岳用の特殊車両が必要だが、神鉄の発注を受けるメーカーはなかった。そこへ箱根鉄道の計画変更により、処分に困っている14台の山岳用車両の引き取り手を探しているという話が舞い込み、開業に間に合わせることができた。

当時の有馬温泉

湊川—有馬温泉線の開通で多くの神戸市民が有馬温泉を目指した。当時の有馬温泉には内湯の設備などなく、長期滞在の湯治客が順番に元湯に案内されて入浴するシステムであった。そこへ突然日帰りや1泊だけの入浴客が押しかけ、旅館側は対応しきれず混乱した。

初志貫徹—勧業列車の運行

地域振興として、昭和8年頃から普通列車の始発より早い三田駅午前5時発の勧業列車を運行。
無蓋の車両や、座席を縮小し絵貨物専用扉を設けた車両で、道場村など沿線農家の人たちが農産物を担いで乗り込み、神戸市内の各家庭に天秤棒で「振り売り」に行った。運賃は割引料金を設定。

神戸電鉄のその後

山脇の業績を紹介する本稿の目的からは外れるが、「我が町三田の足」の今日までをまとめる。

まとめ
  1. 鉄道敷設とともに宅地開発し、沿線人口が増えた阪急電鉄とは違い、山と谷を走る神鉄が宅地開発できたのは鈴蘭台などごく一部だった。そのため、昭和30年代の高度経済成長期まで経営難が続いた。
  2. 人口過密だった神戸市は戦後復興で北摂地方などにニュータウンを造成。
  3. 神鉄は沿線人口の急増に対応して、随時輸送力増強を図った。
    • 昭和43年 神戸高速鉄道乗り入れ
    • 昭和63年 北神急行電鉄開通
    • 平成3年 公園都市線開通
  4. 現在、神鉄の総延長は69.3㎞に達し、山岳鉄道には珍しく私鉄準大手と呼ばれるまでに成長。

むすびに

山脇翁が私財を抛ち、全力を傾注して創り育てた神戸有馬電気鉄道。地域交通の主軸として頑張ってほしいし、地域住民の一人として大いに利用して盛り立てていきたい。

最後に、参考にした資料の全てに謝意を表する。